/

高山祭、規模縮小して開催 昨年は中止

岐阜県高山市で毎年4月14、15日に開かれる「春の高山祭」を主催する日枝神社(同市)は4日までに、新型コロナウイルス感染対策で、今年は規模を縮小して開催すると明らかにした。昨年は祭りを中止し、神社で神事のみ実施した。

春の高山祭で市内を進む屋台(2018年4月、岐阜県高山市)

豪華な屋台が並ぶ「屋台曳き揃え」と「からくり奉納」、14日夜の「夜祭」は中止し、12台の屋台はそれぞれを収めている蔵で公開する。伝統装束を身にまとい町を練り歩く行列は参加者を約400人から約30人、距離を往復約12キロから同約3キロに縮小する。

高山祭は国の重要無形民俗文化財で、2016年には「山・鉾・屋台行事」の一つとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン