/

三重県、独自警戒宣言を3月7日まで延長

三重県の鈴木英敬知事は4日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた県独自の緊急警戒宣言を3月7日まで延ばすことを明らかにした。政府が愛知や岐阜など10都府県への緊急事態宣言を1カ月延長したことに伴い、足並みをそろえた。

三重県は5日に対策本部本部員会議を開き、警戒宣言の延長を決定する。四日市など県北部の3市を対象とする午後9時までの飲食店の時短営業について、引き続き協力を求めるとみられる。

宣言解除の時期について鈴木知事は「愛知や岐阜の感染状況を勘案して検討することになる」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン