/

イビデンの今期、純利益2.1倍 パソコン向け電子部品好調   

イビデンは4日、2021年3月期の連結純利益が240億円と前期の2.1倍になりそうだと発表した。従来予想を90億円上回る。新型コロナウイルスの影響でテレワークやオンライン教育が普及し、パソコン向け電子部品の需要は旺盛。売上高は従来予想から100億円上振れし、前期比8%増の3200億円の見通しだ。

電子事業は高速通信規格「5G」向け高機能サーバーの半導体パッケージ基板が順調。セラミック事業も20年夏以降、中国自動車市場の回復により排気系部品の需要が持ち直している。電子事業を中心に通期で計900億円の投資を進行させている。

同日発表した20年4~12月期の連結決算は純利益が前年同期比2.6倍の213億円、売上高は同6%増の2297億円だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン