/

この記事は会員限定です

家城淳オークマ社長「中国堅調、優にコロナ禍前超え」

2021年 コロナ下の舵取り 中部企業トップに聞く①グローバル景気

[有料会員限定]

「コロナ禍で落ち込んだ受注は着実に改善しており、21年は本格回復するだろう。天気で例えると『曇りのち晴れ』とみる。日本はまだ弱いが海外が堅調だ。特に中国では建設機械や車、発電関係の引き合いが強く、コロナ禍前を優に上回る。中国の産業振興策『中国製造2025』もあり、工作機械は中長期で需要増が期待できる」

「米中の貿易摩擦を背景に製造業は部品供給網(サプライチェーン)の見直しが進んでおり、危機の対応力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン