/

この記事は会員限定です

十六銀行村瀬幸雄頭取「統合目的の提携は考えず」

2021年 コロナ下の舵取り 中部企業トップに聞く②金融・資金繰り

[有料会員限定]

「少子高齢化で地域経済は縮小し、マイナス金利で利益は出にくくなっている。地銀再編は新型コロナウイルスの感染拡大前から課題だった。経費削減などを進めてきたが、これまで以上にスピード感を持って体質を強化する必要がある。2021年10月をめどに持ち株会社移行を決めたのも改革の一環だ」

「1970~80年代に銀行規制が緩和され、リースやクレジットカードに参入できるようになった。それから半世紀を経て銀行の事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン