/

この記事は会員限定です

「うまい」から新商品、「怖い」で減速 感情読むAZAPA

[有料会員限定]

スタートアップのAZAPA(名古屋市)は感情分析データを応用したサービスを本格化する。非接触センサーやカメラで計測した心拍数や表情の変化を「幸せ度」や「ストレス度」といった感情に翻訳する。飲食店での新メニュー開発、一人暮らしの高齢者の体調管理、加速度を調整できる自動車の開発といった幅広い分野での活用を見込む。2025年までに、同事業で20億円の売上高を目指す。

先端技術を担う8人の部署を新設して、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン