/

自工会、23年東京モーターショー開催へ 脱炭素テーマに

日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は3日の記者会見で、東京モーターショーを2023年に開催する方針を決めたと発表した。全体テーマは脱炭素社会実現に向けて「グリーン&デジタル」とする。これまでは2年に1度の頻度で開催してきたが、新型コロナウイルスの影響で21年秋のショーは中止すると決めている。

オンラインで記者会見する日本自動車工業会の豊田章男会長

3日開催の理事会で決定した。豊田氏は「リアルで久しぶりに人が集まれるビッグイベントになるのでは」と期待を示した。

政府は50年の脱炭素社会への「グリーン成長戦略」の見直し案で、30年までに電気自動車向け充電設備を15万基、水素ステーションは1000基を整備する目標を示した。豊田氏は「大変ありがたいが、数だけを目標にすると使い勝手が悪くなりかねない。自動車メーカーは全地球測位システム(GPS)などの通信技術で情報を持っており、電動車が集まる場所を特定できる」として、インフラ整備に向け自動車業界と関係者が協力する必要があるとの認識を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン