/

この記事は会員限定です

海岸「要塞化」に1.3兆円 万全はなし、備え多重に

検証・復興事業

[有料会員限定]

国道沿いに続くコンクリートの壁に長方形の窓が並び、アクリル板越しに切り取られた海がのぞいている。「中途半端な眺めになったが、津波対策のためには仕方ない」と住民の男性(65)は話した。

岩手県宮古市・藤の川地区周辺では、東日本大震災の津波で60人以上が亡くなった。県は周辺に高さ約10メートルの防潮堤を整備する計画を決定。環境や景観の悪化などを理由に反対の声が上がると、「景観への配慮」として2メートル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン