/

名鉄、小牧駅ビル内に貸会議室 遊休不動産を活用

名古屋鉄道はこのほど名鉄小牧駅に直結するビルに貸会議室を設けた。テレワークや研修、趣味の講座などでの利用を見込んでいる。新型コロナウイルスの感染が広がっており、新しい働き方を後押しするとともに不動産を有効活用する。

会議室は3部屋で、5人までが利用できる小規模な部屋も用意した。最大36名が利用できる会議室は、企業の説明会などを想定している。同社は2019年5月に名鉄豊田市駅内のスペースを会議室として貸し出しており、今回が2カ所目となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン