/

この記事は会員限定です

名鉄ホテル社長、役員9割減や事業集約で「コスト1割減」

[有料会員限定]

名古屋鉄道は6月、グループのホテル事業を集約した中間持ち株会社、名鉄ホテルホールディングス(HD)を立ち上げた。名鉄ホテルHDの岩瀬正明社長は日本経済新聞社の取材に応じ「再編に伴いコストを1割削減したい」と述べた。

名鉄ホテルHD傘下に入れたホテル会社は7社。7社の2020年度の売上高を単純合算すると72億円で、新型コロナウイルス禍前の18年度(229億円)や直前の19年度(208億円)と比べ3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン