/

この記事は会員限定です

高齢者向けワクチン、まず名古屋に重点配備 愛知知事

[有料会員限定]

愛知県の大村秀章知事は2日の記者会見で、高齢者向けの新型コロナワクチンについて、政府から4月に計76箱(約3万7000人分)が県内に届くと述べた。このうち7箱を名古屋市に配分し、残る全市町村にも1箱以上送る。

ワクチンの供給量が限られるなか、人口が最も多い名古屋市をまず最優先にコロナの感染再拡大を抑える。

県によると、ワクチンは1箱で975回分(約490人分)。政府は4月5日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン