/

愛知県副知事に前衆院議員の古本氏、トヨタ労組出身

(更新)

愛知県の大村秀章知事は2日、前衆院議員でトヨタ自動車社員の古本伸一郎氏(56)を副知事に起用する人事案を発表した。3日に県議会に提出し、同意を求める。古本氏はトヨタ自動車労働組合で活動、2003年衆院選から6期連続で当選していた。21年10月の衆院選では不出馬を表明して政界から退いていた。

大村氏は2日の記者会見で「古本氏は民間の経験と政治・行政の経験を併せ持つ稀有な人材」と起用の理由を語った。トヨタ自動車出身の森岡仙太副知事が20年に退いた後、民間から後任を探していた。古本氏の衆院選不出馬を受けて、大村氏が21年末にトヨタ自動車に就任を求めたという。古本氏は森岡氏と同じく経済、観光、労働、農林水産分野を担当する方向だ。

古本氏は1987年にトヨタ自動車に入社して、94年からグループ会社の労組で組織する全トヨタ労連に所属。国際局の部長として、トヨタグループが海外展開する中で駐在員の労務管理や処遇などの整備につながる活動をした。トヨタ労組では賃金交渉や将来ビジョンづくりを担った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン