/

岐阜・三重両知事、感染症対策や広域観光で連携強化

岐阜県の古田肇知事と三重県の鈴木英敬知事は2日、岐阜関ケ原古戦場記念館(岐阜県関ケ原町)で懇談した。新型コロナウイルス対策や広域観光の推進について議論、スポーツイベントの感染症対策についての情報交換や、東海環状自動車道西回り区間の早期開通に向けた連携について意見を交わした。

古田知事は「両県の感染状況は似ているところがある。機動的に連携していく」。鈴木知事は「早く社会経済活動を再開できるようお互い協力する」と話した。

両知事は懇親会の前に会場の岐阜関ケ原古戦場記念館を視察した。同記念館は戦国武将ゆかりの地を訪ねる広域観光の拠点として2020年10月にオープン。21年10月の1周年記念イベントには三重県の忍者ショー団体が出演する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン