/

名古屋市の大規模接種、12~39歳の予約前倒し

名古屋市は2日、新型コロナウイルスワクチンの12~39歳向け接種について、大規模会場の予約開始日を前倒しすると発表した。2日または10日発送の接種券が届き次第、予約できる。対象となる会場は市が設けるパロマ瑞穂スタジアムと県が設置する名古屋空港、藤田医科大学、バンテリンドームナゴヤ。

7月末に40~54歳に対して同様の措置を講じていたが、大規模会場の予約枠がまだ余っているため、対象年齢を引き下げる。かかりつけ医などの個別接種や区役所などでの集団接種の予約開始日は変更しない。

1回目の接種枠の追加も発表した。8月7日から9月5日の集団接種で7200人分、8月5~25日のパロマ瑞穂スタジアムで1万5670人分追加する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン