/

トヨタ、水素を小分けし持ち運び 携帯容器の試作品開発

トヨタ自動車は2日、水素をためて持ち運ぶことのできる携帯容器の試作品を開発したと発表した。カートリッジ式で交換しやすく、燃料電池車(FCV)やドローンなどの動力源に使うことを想定する。静岡県裾野市で建設中の実験都市「ウーブン・シティ」で実証実験を進め、水素を手軽に利用するための手段として課題を探る。

先進技術を手掛ける子会社のウーブン・プラネット・ホールディングス(東京・中央)と共同でプロトタイプの容器を開発した。大きさは直径18センチメートル、全長が40センチメートルの円筒状。重さは5キログラムを目標にする。タンクの素材は樹脂や炭素繊維を使った。

貯蔵した水素は燃料電池の燃料として使うと、家庭用電子レンジを3~4時間運転できる電気を生み出せる。水素を運ぶための配管が不要であることや、汎用性の高い仕様により様々な機器で手軽に水素を使用できることをメリットに挙げる。

実証実験はウーブン・シティで進める。街の中で配布して使用し、安全性や水素の使用に関連する規制のあり方などを探る。海外での展開も視野に入れるとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン