/

トヨタやスズキ、「つながる車」機能停止 KDDI障害で

(更新)

トヨタ自動車スズキ、マツダ、は2日、コネクテッドカー(つながる車)のサービスが一部で使えなくなっていると明らかにした。KDDIの通信サービスの障害によって、車両に搭載している通信機を使ったサービスなどが使えない。SUBARU(スバル)も影響が出ていると明らかにした。日産自動車ホンダでは影響は出ていない。

コネクテッドカーは、燃料の残量やドアの施錠状態を遠隔で確認できるほか、緊急時にコールセンターのオペレーターに連絡する機能などがある。

トヨタではコネクテッドサービス「T―コネクト」で一部の機能が影響を受ける。事故や故障など緊急時にオペレーターに連絡する機能のほか、車から離れてスマートフォンでドアの開閉やライトの点灯状態を確認するサービスが一部の利用者で使えないという。復旧については、同サービスのホームページで案内するとしている。

トヨタとKDDIはつながる車を巡り、グローバル通信基盤の共同開発などで提携関係にある。2020年10月にはトヨタがKDDIへの追加出資を決め、スマートシティー関連などにも協業分野を広げていた。

スズキも緊急時の連絡でトラブルが出ている。マツダはコネクテッドサービス「マツダコネクト」にKDDI回線を使用している。対応については「関係部門が検討中」という。スバルもコネクテッドサービス「スターリンク」の一部機能(ヘルプネットやSOSコールなど5種類)が使えなくなっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン