/

愛知の県民割予約再開、9日宿泊から 7県とブロック割も

愛知県は2日、県民が県内で宿泊する料金を補助する観光支援策「県民割」の予約を再開した。5月9日から31日までの宿泊分が対象。宿泊料の半分(最大1人1回5000円)を割り引く。また愛知県は2日、補助の対象を周辺の県民にも広げる「ブロック割」を近隣の7県と始めると発表した。

「ブロック割」の開始で岐阜、静岡、新潟、富山、石川、福井、長野の県民は愛知県の県民割を使える。反対に愛知県民が7県に旅行する際、7県の県民割を利用できる。三重県とは調整中。県民割の適用にはワクチンの3回接種かPCR検査などで陰性の証明が必要。

県民割は2種類ある。1つは宿泊料を先払いした後、電子マネーで後日割引分を受けることができる「あいち旅eマネーキャンペーン」だ。指定の土産物店や飲食店での購入代金も最大2000円分が電子マネーで還元される。特設サイトで手続きが必要。

もう1つは県内の旅行業者がすでに割り引いた価格で旅行パックを販売する「LOVEあいちキャンペーン」で、19日から再開する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン