/

この記事は会員限定です

幹線道路の老朽ビル、建替支援へ容積率緩和 名古屋市

[有料会員限定]

名古屋市は災害時に緊急の避難や物資輸送に使う道路沿いでビルの耐震改築を促す。現在の耐震基準を満たさない古い建物を建て替える際、通常より高く建てられるよう容積率を上乗せする。建て替え後のビルの延べ床面積を広げ、ビルの収益力を高めることができる利点を所有者に訴え、耐震化を後押しする。

災害時に避難などで使う「緊急輸送道路」の沿道にあるビルについて、容積率の規制を緩和する。緊急輸送道路は名古屋市中心部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン