/

この記事は会員限定です

トヨタ労組、職種・階級別に賃上げ要求 「脱一律」鮮明

(更新) [有料会員限定]

トヨタ自動車労働組合は2022年の春季労使交渉で賃上げの要求方式を見直す。従来は全組合員平均で要求額を出していた。今回、これを廃止し職種や階級ごとに細分化する方針に変える執行部案をまとめた。

多くの労組が取り入れる組合平均による要求を止めることで、賃上げ相場のけん引役だったトヨタの役割が薄れそうだ。

変更の理由についてトヨタ労組は「(個々の組合員の)水準をわかりやすくし、組合員が当事者意識を持ちやすくするため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン