/

JR東海、23年4月の新卒採用35%減

JR東海は1日、2023年4月に入社する新卒の採用計画を発表した。今春の入社予定者に比べ35%少ない約440人にする。鉄道の現場で働く大卒や高専卒のプロフェッショナル職を379人から約240人に減らすことが影響する。JR東海によると、退職者数が減少していることが主因という。

大卒の総合職も84人から約60人に減る。リニア中央新幹線工事の建設土木や建築にかかわる中途採用者を年間で約10名募集するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン