/

この記事は会員限定です

東海の若者就労、岐阜のみプラス 住み込み学生が愛着

データで読む地域再生

[有料会員限定]

東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)で29歳以下の新規就労者の増加率が2015年からの5年間で最も大きかったのは岐阜(36.9%増)だった。自治体が大学と連携して学生に地域の仕事を紹介する取り組みが活発だ。ほか3県はいずれもマイナスで、愛知が10.7%減、静岡が10.8%減、三重は39.6%減だった。各県は県外に進学した学生らに向けた情報発信に知恵を絞る。

岐阜県中津川市の中山道、中津川宿の一角。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン