/

JR東海、ネットで土産物注文・駅で受け取り 試験運用

JR東海は1日、同社の通販サイトで買った商品を受け取れる無人販売機「スマートPick(ピック)」の試験運用を名古屋駅で始めた。地域の土産物などを冷蔵しており、利用者はネット注文した商品を自分で取り出せる。レジに並ぶ手間が省け、人とも会わずに買い物できる仕組みを整える。

スタートアップのZERO(東京・台東)と組んで運営を始めた。高さ約195センチメートル、横幅約60センチメートル、奥行き約65センチメールのボックスに、飛驒牛を使ったカレーなど18種類の土産物が施錠され納められている。通販サイト「JR東海MARKET(マーケット)」で注文すると、メールで届くQRコードを使って解錠して最短でその日のうちに商品を取り出せる。

JR東海は半年から1年ほど試験運用を続け、注文から受け取りまでの時間短縮を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン