/

トヨタ、2日から国内全工場を再開 暫定の仕組みで対応

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

トヨタ自動車は1日、すべての国内工場(14工場28ライン)の稼働を2日から再開すると発表した。直接取引をする部品会社が「ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)」によるサイバー攻撃を受け、部品供給を管理するシステムが影響を受けたため、1日は国内の全工場を停止している。部品会社がデータを管理する暫定の仕組みを立ち上げたという。

サイバー攻撃を受けたのはトヨタの主要なサプライヤーの1社で、樹脂部品を手掛ける小島プレス工業(愛知県豊田市)。同社は1日、ウイルス感染を確認し、脅迫メッセージを受け取ったと発表した。詳細は専門家を交えて調査を進めている。小島プレスは「サイバー攻撃とみられるきっかけでシステム障害が生じたのは事実」としていた。

2月26日夜にウイルス感染を確認、27日にウイルスの感染拡大を予防するため、外部とのネットワークを遮断した。攻撃の発信元やウイルス感染の具体的な被害状況については「調査中」としている。小島プレスが暫定の仕組みを立ち上げ、部品供給のためのデータをトヨタとやりとりするめどがたった。サイバー攻撃を受けたシステムの復旧には1~2週間を要するとしている。

トヨタは高岡工場(愛知県豊田市)で「カローラ」などを、田原工場(愛知県田原市)で高級車「レクサス」を生産している。このほか多くの車種が影響を受ける見込みだ。国内全工場を1日に止める影響は、トヨタの国内の月間生産台数の4~5%にあたる約1万3千台に上る。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン