/

この記事は会員限定です

名鉄、MaaSアプリで車社会に挑戦 22年3月導入

[有料会員限定]

名古屋鉄道は様々な移動手段や観光施設をスマートフォンアプリでまとめて予約、決済できる次世代交通サービス「MaaS(マース)」を2022年3月に始める。新型コロナウイルスの感染が広がり鉄道やバスなどの利用客は急減した。車社会の中部で周辺の交通機関を巻き込んで利便性を高め、利用者データを分析して新たな収益も生み出す狙いだ。

鉄道、バスにタクシーから山間部を走るコミュニティバス、日本モンキーパーク(愛知県犬山市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン