/

この記事は会員限定です

日間賀島、和太鼓で活気を Uターンの鈴木敦之さん

中部ひと

[有料会員限定]

きらめく海に豊富な海の幸――。知多半島沖に浮かぶ日間賀島の旅館「いすず館」で働く鈴木敦之さん(30)は、島にとって未来の希望だ。家業の漁師を継がずに島を飛び出したが、妻子を連れて4年前にUターン。離島には珍しい若者の「帰還」だ。和太鼓奏者として国内外を飛び回った経験を生かし、島を活気づけようとしている。

島の人口は約1800人。名古屋市中心部から電車と船で1時間半ほどで到着し、タコやフグなどの海鮮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン