/

この記事は会員限定です

「観光は輸出産業、止めてよいのか」日本旅館協会会長

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が長引き、観光事業者の苦境も先が見えない。日本旅館協会の浜野浩二会長(ハマノホテルズ社長)は「観光は(外貨を稼げる)一種の輸出産業」と訴え、存亡の危機に立つ中小旅館向けの支援を早期に充実させるよう訴えた。

浜野 浩二氏(はまの・こうじ)
1972年(昭47年)万世閣社長、75年成城大経卒。2003年ハマノホテルズ社長、20年日本旅館協会会長に就任し、ともに現職。北海道出身、71歳。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン