/

この記事は会員限定です

北海道の十勝バスが進化させるAIデマンド交通

[有料会員限定]

北海道十勝地方で展開する十勝バス(帯広市)は、人工知能(AI)が予約に応じて最適なルートを決めるオンデマンド型交通の運行を始めた。130程度ある停留所で乗り降りする利用者をAIを使って目的地に最適ルートで送り届ける。北の大地で始まった進化形デマンド交通の現状を探った。

▼デマンド交通 事前予約して小型バスやワゴン車で運行する公共交通。時刻や路線、発着地を固定しないため、利用者が点在していても使いやすい。最短コースを走るとは限らないが、低料金で買い物や通院といった地域内の移動に利用できる。過疎化の進む地域を中心に、路線バスに代わる「生活の足」として注目されている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン