/

北海道知事、30年札幌五輪「改修費用負担の可能性」

北海道の鈴木直道知事は30日に開いた記者会見で、札幌市が29日公表した2030年冬季五輪・パラリンピックの開催経費の最大900億円圧縮案に関し「真駒内公園屋内競技場(札幌市)が候補になっている。施設所有者が道なので改修にかかる負担の可能性がある」と述べた。独自試算のため、詳細は把握していないとした。

大会招致については「札幌市民の理解・支持を得るのが重要だ。競技会場の候補になっている自治体をはじめとする道民の皆さんの理解も広げていく」べきだと話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン