/

北海道知事、オミクロン型検知へゲノム解析指示

北海道の鈴木直道知事は30日開いた新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、新たな変異型「オミクロン型」について「海外、道外に滞在歴のある(新型コロナ)患者全ての検体でゲノム解析する」と述べた。手法確立後はスクリーニング検査するなど、早期探知に向けた監視体制を構築するように指示した。

同日開いた記者会見で、鈴木知事はオミクロン型感染者を国内で初確認したことに関して「(新型コロナ感染が)一定程度収まっているなかで、しっかり(対策を)講じていくことが大事だ」と答えた。岸田文雄首相の対応には「全世界からの入国を止めるという国は少ない。非常に速い判断だ」と話していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン