/

この記事は会員限定です

プラごみ資源・燃料化、リコーと連携 札幌のエルコム

我が社のストラテジー

[有料会員限定]

環境関連機器のエルコム(札幌市)は2022年度中にも、リコーなどと協業して中小企業も導入しやすいプラスチックの分別や燃料化を進めるパッケージ商品を発売する。国内ではプラごみ削減が4月から義務付けられており、需要が高まると判断した。

発売するパッケージ商品は、プラごみの分別や燃料化などに幅広く対応可能だ。エルコムが開発したプラスチック燃焼機とリコーが今後売り出す10種類前後の樹脂を分類するプラスチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン