/

この記事は会員限定です

北海道の若者就労12%減 奨学金返済「面倒みます」続々

データで読む地域再生 北海道

[有料会員限定]

厚生労働省のデータによると、北海道の29歳以下の入職者数は2020年に11万9400人で、15年と比べ12%減だった。少子化に加え、学校卒業後に道外へ進学、就職する若者は多い。なんとか地元で就職してもらおうと、60超の市町村が奨学金返済の支援に乗り出している。

データで読む地域再生

北海道に住む20歳代の人数は2020年国勢調査で約44万4500人(10月1日時点)と、1980年に比べて47%減っている。

札幌市は21...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン