/

この記事は会員限定です

訪日客ロスのJR北海道、虎の子「札幌圏」に賭ける

[有料会員限定]

JR北海道の鉄道運輸収入は2020年度、360億円の減収となりそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大は同社に掛け値なしの実力を突きつけた。インバウンド(訪日外国人)の回復は当面見込めない。生き残りをかけるのは札幌圏への集中投資だ。

札幌駅から在来線で3分、函館本線「苗穂」駅前に27階建てのタワーマンション「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」が完成した。JR北海道が初めて開発段階から参画し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン