/

この記事は会員限定です

若者に刺さる定山渓へ、第一寶亭留「山ノ風マチ」の勝算

[有料会員限定]

北海道で8カ所の宿泊施設を経営する第一寶亭留(ホテル、札幌市)が同市の定山渓温泉に「山ノ風マチ」(仮称)を開業する。カフェや飲食店にコテージも備えた複合施設で狙うのは、日帰りの若者客。大型ホテルで大量集客する大艦巨砲主義からの脱却を期し、定山渓が変わり始めている。

定山渓温泉の中心部から歩いて約10分、第一寶亭留は経営する2つの宿泊施設に隣接した約8500平方メートルの土地を取得した。投資額は約4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン