/

この記事は会員限定です

ローカル5Gで遠隔管理、北海道電力と日本製鉄が本腰

[有料会員限定]

工場や建物など限られたエリアで大量のデータをやりとりする高速通信規格「ローカル5G」の実用化を目指す実証実験が北海道でも本格化している。北海道電力の火力発電所や日本製鉄の室蘭製鉄所が期待するのは、多くの人手を割いてこなしている点検や輸送作業などの遠隔管理だ。

高速通信規格5Gは最高伝送速度が4Gの100倍、遅延回数は10分の1、同時接続台数は30倍以上とされ、高速・大容量通信が可能になる。ローカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン