/

この記事は会員限定です

北海道の国立3大学が広域統合へ、「農工商連携」の未来

[有料会員限定]

北海道の国立3大学による広域の経営統合が2022年4月に迫った。日本経済新聞社は小樽商科大学(小樽市)、帯広畜産大学(帯広市)、北見工業大学(北見市)の学長3氏を招いて座談会を開いた。経営統合を機に農工商の連携を活発化させ、得意分野の垣根を越えたイノベーションを目指す方針で一致した。

――経営統合で何が変わりますか。

奥田潔・帯広畜産大学長「3大学は各地域に根差した、特色ある教育をしてきました。経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン