/

この記事は会員限定です

イカもサンマもサケも記録的不漁に、北海道の水産危機

記者が選ぶ北海道経済の十大ニュース 8位

[有料会員限定]

北海道の海産物の代表格であるイカ、サンマ、サケは2020年も不漁が続いた。生鮮スルメイカの函館市水産物地方卸売市場での6~11月取扱量は404㌧で、月次統計がある05年以降で最低。08年の19分の1の低水準だ。

全国さんま棒受網漁業協同組合(東京・港)のまとめによると、根室市など道東地区で11月までに水揚げされたサンマは約1万1600㌧と不漁だった前年のさらに半分程度に沈んだ。岩手県から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン