/

この記事は会員限定です

消えたインバウンド、 大きく崩れた500万人目標

記者が選ぶ北海道経済の十大ニュース 4位

[有料会員限定]

新型コロナウイルス危機は北海道が掲げていた2020年度の「訪日客数500万人」の目標をひっくり返した。札幌市がまとめた2020年上期(4~9月)の来札観光客数は前年度比69%減の約300万人。外国人宿泊客数は前年度の127万人から大きく減少し6千人にとどまった。

パウダースノーで国際的な知名度のあるニセコがある後志管内でも上期の観光客数は53%減の約630万人、外国人宿泊客数に至っては99%減とほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン