/

この記事は会員限定です

北海道知事「世界の宝」、4道県の縄文遺跡が世界遺産に

[有料会員限定]

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は27日、北海道と北東北の4道県にまたがる「北海道・北東北の縄文遺跡群」を世界文化遺産に登録した。北海道では鈴木直道知事をはじめ関係者が集まり、登録決定の瞬間を固唾をのんで見守った。

「歴史的瞬間に立ち会えてうれしい。(縄文遺跡群が)世界の宝に認められた」と鈴木知事は手放しで喜んだ。27日午後7時前、日本時間の夕方から始まっていた世界遺産委員会の審査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン