/

この記事は会員限定です

「街づくり市民と議論」 旭川市の今津新市長が会見

[有料会員限定]

26日投開票の北海道旭川市長選挙で初当選した今津寛介市長は28日、初の記者会見を開いた。「新型コロナウイルス禍から市民の命と健康を守ることが第一。その後は街づくりなど、しっかりとした経済対策をしていく」と強調し、公約で掲げた市民参加で議論を進めて未来の街づくりにつなげる考えを示した。

2022年、市政100周年を迎える同市ではJR旭川駅から伸びる中心市街地「平和通買物公園」の再生が大きな課題。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン