/

コープさっぽろの大見理事長、小樽商大の特認教授就任

コープさっぽろ(札幌市)は27日、同社の大見英明理事長が小樽商科大学(北海道小樽市)の特認教授に就任したと発表した。任期は4月から2年間。秋から2週間に1回のペースで同大の社会人向け講義を担当する。コープさっぽろは2023年春から、学生向けの寄付講座も設ける。

大見氏はこれまでも年1~2回ほど小樽商大の講義で講師をしていた。コープさっぽろは08年に同大と小売業界の研究に関する連携協定を締結。09年からは同大の教員を幹部向け社内研修の講師として招いていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン