/

よつ葉乳業の22年3月期最高益 業務用バターなど好調

よつ葉乳業が28日発表した2022年3月期の単独決算は、税引き利益が前の期比93%増の35億円と過去最高だった。新型コロナウイルス感染拡大により収益の落ち込んでいた外食や菓子メーカーで、業務用バターやクリームの販売が増えた。

売上高は12%増の1077億円だった。業務用売上高は18%増の727億円、家庭用は4%増の349億円になった。家庭用では道外で牛乳の販売が伸びた。営業利益は31%増の50億円、経常利益は26%増の51億円を確保した。

23年3月期の売上高は6%増の1143億円、営業利益は15%減の42億円を見込む。燃料費や電気代がかさむ。設備投資額は47億円で、乳製品工場や物流施設で太陽光発電システムを導入する費用などにあてる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン