/

北海道の釧路町と大樹町、ふるさと納税で漁業者支援

北海道釧路町と大樹町、ふるさと納税サイトの「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンク(東京・渋谷)は27日、ふるさと納税を使い、赤潮の影響とみられる漁業被害を受けている漁業者の支援を始めたと発表した。返礼品に相当する額が事業者に送られる思いやり型返礼品を活用する。

通常のふるさと納税とは違い、返礼品は送られない。釧路町に寄付した場合は昆布森漁協、大樹町に寄付した場合は大樹サクラマス養殖事業化研究会に支援金が送られる。寄付金額は1万円から。

北海道では9月に太平洋沿岸で赤潮が発生し、釧路町ではウニ、大樹町では養殖のサクラマスが大量死した。根室・釧路・十勝・日高の4地方で18日時点の被害総額は76億円に達している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン