/

この記事は会員限定です

「縄文遺跡群」世界遺産登録へ 問われる世界発信

[有料会員限定]

北海道、青森、岩手、秋田の4道県にまたがる「北海道・北東北の縄文遺跡群」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関から世界文化遺産登録を勧告されて一夜明けた27日、地元には観光振興への効果に期待する声が広がった。

岩手県の御所野遺跡(一戸町)は台地に大規模集落が形成されたことで知られる。岩手県の達増拓也知事は「大変喜ばしい。登録に向け大きく踏み出せた喜びを県民と共有したい」と歓迎。ストーンサーク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン