/

この記事は会員限定です

空き家情報紹介で移住者4倍、北海道深川市長に聞く

[有料会員限定]

北海道深川市は3月から移住希望者に特化した空き家紹介を始めた。2018年の空き家率は15.3%と北海道平均より高いが、13年比では0.5ポイント改善している。インタビューに応じた山下貴史市長は「空き家問題を解消したい」と意欲を見せた。

データで読む地域再生
■山下 貴史(やました・たかふみ)
1976年(昭51年)東大法卒、農林省(現農水省)入省、97年農水省国際経済課長、2007年から現職。幌加内町出身。

――移住者が増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン