/

この記事は会員限定です

ペコちゃんの出身地は? 北海道の牧場経営に不二家参画

[有料会員限定]

北海道南部の八雲町は4月、就農希望者の研修施設のあるメガファーム「大関(だいかん)牧場」を稼働させる。地元の酪農家に加え、北海道産牛乳を大量に調達する不二家が運営に参画する。間を取り持ったのは不二家のシンボル「ペコちゃん」だという。

牧場は山間部の上八雲地区で建設が最終段階を迎えており、約300ヘクタールの草地と牛舎で約1300頭の牛を飼い、年6500㌧の生乳出荷をめざす大規模牧場だ。将来は肉牛も生産す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン