/

この記事は会員限定です

インターステラが新構想、放出ロボット回収に挑戦へ

[有料会員限定]

ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)は26日、小型観測ロケット「MOMO(モモ)」を2021年夏に打ち上げると発表した。小型ロケットにロボットを搭載し、宇宙空間で放出したのち海上で回収する計画。成功すれば国内の民間企業としては初めてとなる。

ISTの創業者で実業家の堀江貴文氏は同日の記者会見で「今回のチャレンジは非常に大きな意味を持っている。新規の開発項目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン