/

この記事は会員限定です

校舎を統合、施設は転売 北海道の自治体5割超が削減

データで読む地域再生・北海道

[有料会員限定]

全国に先駆けて少子高齢化と人口減少が進む北海道でも、公共施設の削減は課題だ。道内では公共施設の保有面積を減らした自治体が半分を超えた。なかには施設の削減に向けて数値目標を掲げる自治体も出てきた。

総務省がまとめた全国の自治体で保有する公共施設の面積によると、2016年度と19年度の実績が比較可能な北海道内121自治体のうち、51.2%にあたる62自治体で面積が減った。減少自治体の割合は全国11位...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン