/

この記事は会員限定です

AIでインフラ点検 北海道大情報科学研究院

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

北海道大学の大学院情報科学研究院は行政や企業と連携し、人工知能(AI)を使い、地下鉄のトンネルや河川の護岸のメンテナンス、画像による病理診断まで幅広く手掛ける。データの匿名性を確立するデータ生成技術も確立し、「社会に受容されるAI」を目指す。

情報科学研究院の長谷山美紀教授の研究室では、北海道開発局と共同で札幌市内の河川堤防の点検のデータ化を進めている。点検時に技術者が頭部にセンサーをつけ、構造...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン