/

この記事は会員限定です

ニトリが描く小樽観光 価値再発掘、構想力示す場に

[有料会員限定]

ニトリホールディングス(HD)傘下のニトリ(札幌市)は28日、小樽芸術村(北海道小樽市)内に4館目となる西洋美術館を開いた。グループ全体で断崖絶壁の再整備も視野に入れる。歴史や景観を生かした小樽の見どころを増やし、北海道観光の魅力を高めている。

ニトリHDの似鳥昭雄会長は同日、西洋美術館の開業セレモニー後、報道陣に「北海道は食と観光が主力だ。小樽は築100年前後の建物が街中にあり、将来は観光客を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン