/

網走市と刑務所、酒造りの木おけ披露 上川大雪が活用へ

北海道網走市や網走刑務所(網走市)、上川大雪酒造(北海道上川町)は受刑者らが作った日本酒製造に使う木おけを博物館網走監獄(同)で披露した。木おけは上川大雪酒造の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」(北海道帯広市)に運び入れ、7月から試験醸造を始める。

高さ・直径が125センチメートル、容量は1000リットル。道南スギも用いた。香川県の小豆島で木おけ製作技術を受け継ぐ活動をしている「木桶職人復活プロジェクト」の職人が指導して、受刑者が製作した。

網走市の水谷洋一市長は「受刑者の再犯防止につなげたい。来年も木おけができることを期待している」と語った。事業に賛同した上川大雪酒造の塚原敏夫社長は「現在、木おけを作ることができる拠点は全国にほとんどない。(木おけが完成し)成果を出すことができた」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン